学校法人 ひのもと学園 大塚ひのまる幼稚園

現在見ているページは…
TOPページ > ひのまる掲示板 > 2016年6月

ひのまる掲示板

2016年6月30日

yjimage[4] (2).jpg園庭解放日程 のお知らせ        

   7月の園庭開放は、 75日(火) 12日(火)です。 

・ 園庭解放は、9時30分から11時までです。        

・ きりんぐみのお部屋も開放しておりますので、雨天時も遊びに来てくださいね。           

    77_301c[1].png      77_301c[1].png

tanabata_sasa[1].png6月29日(水) 「おやこであそぼう!」

 父母の会主催の「おやこであそぼう!」が、行われました。役員さんが企画運営してくださり、楽しい一日を過ごすことができました。1階の教室は、「曲当てクイズ」「100グラムを作ろう」「80cmを作ろう」「平均台を渡ろう」「先生の写真さがし」、2階ホールは、「親子でクイズ」が行われました。一つ一つのゲームをクリアするとカードにシールを貼ってもらい、全部クリアした後に褒美のメダルをもらいました。笑顔いっぱいの一日でした。              

 役員のみなさま、お世話様でした。

IMG_6517.JPG IMG_6587.JPG IMG_6569.JPG IMG_6595.JPG IMG_6626.JPG IMG_6762.JPG IMG_6603.JPG IMG_6774.JPG 

IMG_6638.JPG IMG_6723.JPG IMG_6564.JPG IMG_6630.JPG

IMG_6725.JPG IMG_6546.JPG IMG_6544.JPG IMG_6549.JPG IMG_6737.JPG IMG_6727.JPG

   77_301c[1].png       77_301c[1].png

「園長先生のひとこと」

 本園では、子ども達に「自分の考えで行動する」ことを促したいと考えています。「相田みつを」という人が書いた「雨の日には雨の中を、風の日には風の中を」という作品集に、56歳の娘に予防注射を受けさせる時の話が載っています。父親が、「注射は痛い。痛ければ泣いてもいい、じっとガマンしてもいい。どちらでも注射の痛さには変わりはない。」と言ったら、娘は自分で考えて、泣かなかったということです。人生には避けて通れない嫌なこと、つらいことがあります。それをどう受け止め、どう処理していくかは、すべて自分で考えて、最終的な判断をしていかなければなりません。親でも変わってやるわけにはいかないのです。大人の指示がないと動くことができない子どもに育ててはいけません。そのような子にしないためには、幼児期から、大人が過度の指示はせず、子どもが考えて行動し始めるのを待つことも大切だと思われます。

2016年6月22日

7897-150x150[1].png りすぐみ

 初めの式から3週間が過ぎました。こどもたちもりすぐみに少しずつ慣れてきて、楽しく遊んで過ごせるようになってきました。

  月・水グループ

 ・ 雨の日、教室で自由遊びをしたり、新聞あそびをして楽しみました。

IMG_8220 - コピー.JPG IMG_8134.JPG IMG_8172.JPG IMG_8195.JPG IMG_8201.JPG IMG_8211.JPG 

火・木グループ

 ・ 園バスに乗って、赤塚駅近くの遊歩道へお散歩へ行きました。おやつを食べていると、常磐線や特急が走り、子どもたちは大喜び。運転手さんが気が付き、手を振ってくれたり警笛を鳴らしてくれたりしてくれました。

IMG_4930.JPG  IMG_8261.JPG IMG_4952.JPG IMG_8265.JPG IMG_8269.JPG IMG_4945.JPG

2016年6月10日

7784-546x546[1].png 6月2日(木) りすぐみ 「初めの式」
 今日から、りすぐみが始まりました。お家の方と嬉しそうに登園してきました。初めの式では、名前を呼ばれると元気に返事をする子や、照れて顔を隠す子もいましたが、照れていた子もお家の人と一緒に返事をしてくれました。手遊びをしたり、絵本を見て楽しみました。これからいっぱい泣いて、いっぱい遊んで元気に過ごしましょう。

IMG_4755.JPG IMG_4758.JPG IMG_4812.JPG IMG_4813.JPG IMG_4819.JPG IMG_4823.JPG IMG_4825.JPG

   tuyu_401c[1].png            tuyu_401c[1].png            tuyu_401c[1].png

7784-546x546[1].png 6月6日(月) 年長児 パイプオルガン見学

 芸術館のパイプオルガンの見学に行きました。オルガ二ストの方がモーツアルトの曲を演奏してくださったり、パイプオルガンの説明やパイプオルガンについてのクイズを出してくれました。そのあと、パイプオルガンを全員に弾かせてくれました。また、空気を吹き込むと音が出る仕組みを教わり実際に吹かせてもらうと高い音や低い音がでて子どもたちは喜んでいました。最後に、「さんぽ」の曲を全員で歌い楽しいひと時を過ごしました。

IMG_5413.JPG IMG_5441.JPG IMG_5456.JPG IMG_5473.JPG IMG_5504.JPG IMG_5400.JPG IMG_5406.JPG

    tuyu_401c[1].png     tuyu_401c[1].png      tuyu_401c[1].png

7784-546x546[1].png 「園長先生のひとこと」

  保護者のみなさんは、子どもがいろいろなことをできるようにしてあげたいと思っておられると思います。でも、その思いが強すぎると、子どもが嫌がっているのに無理強いしてしまうことになりがちです。では、その逆に子どもがしたくないと言ったら、させなくてよいのかと言えば、それも間違いです。自立に必要な能力が身につかないばかりでなく、自分の欲望を抑える力が育ちません。子育てにおいては子どもの意志に反して無理強いをすることや、子どもの思い通りにしすぎること、のどちらかに偏るのではない、バランスのとれた接し方が重要です。例えば、箸の使い方を教える時も、ある程度練習して子どもが嫌がったら、「嫌になったんだね。じゃー、今度、また練習しよう」と、引き下がること、そして、それっきりにせず、また練習をさせるということが大切です。子どもの気持ちをある程度受け入れた上で、長期的には将来のためにできることを身に付けるよう努力させるといった粘り強い対応が望ましいと思われます。                                  (園長)


このページの先頭にもどる

最近の記事
バックナンバー
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月